超特急 Sweetest Battlefield に行ってきました。


まず、はじめにわたしはコーイチ推しです。

しかも推し全肯定モンペヲタクです(厄介)。


5/27 超特急 Spring Tour Sweetest Battlefield武蔵野に行ってきました。

パーバレ、ファンミは現実を目の当たりにする勇気が出なくて行けませんでした。だから6人の超特急のはじめての現場でした。


家を出る直前まで何色のペンライトを持っていけばいいのかわからなくて

結局黒を3本、妹の緑を3本持っていきました。開演する直前も結局何色を持てばいいのかわからなくて斜め前に座る黒のペンライトを見てわたしも黒を持つことにしました。でも黒だけを持つ勇気もなくて緑1本黒2本。


いつもの超特急のライブみたいに

今回はどんな彼らを見せてくれるんだろうってコーイチくんがいた時のようにドキドキしながら暗くなるのを待っていました。


照明が暗くなって聞いたことのないovertureが流れてきて気づいたら彼らが目の前に立っていました。なんだかみんな私の知らない6人で、まるで最初から6人だったかのような気持ちになりました。なにがなんだかわからなくてペンライトを振ることさえ忘れていました。


本当はどこかでやっぱ超特急はコーイチくんがいなきゃダメじゃんって思うことを期待していたのかもしれない。でもわたしが見たのは「6人で作り上げた超特急」でした。コーイチくんの居場所なんてどこにもなかった。


わたしがコーイチ推しだからかもしれないけど2人で歌っていた歌に少し違和感を感じてまだまだタカシくんのものに出来ていない歌があることがある意味唯一の救いでした。


超えてアバンチュール、いつもなら張り切って「コーイチのせい!」ってコールするのに

そこにいない人の名前なんて呼べる訳もなくて大きな声で名前を叫べる他推しが羨ましかった。


絶対に歌わないでほしいって思ってた曲のひとつにStarlightがあってそんな思いもむなしく割と序盤で歌ってて、城ホールを思い出して泣きました。「涙隠せない日々もひとりじゃないみんながいた」ってあんなに感情的に歌うコーイチくんを思い出して、今のコーイチくんの周りに居てくれる人がひとりでもいたらいいななんてことを考えたりもしながら。そこにいるのは彼じゃないのに失礼ですよね。すいません。


涙腺ガバガバになってるのに追い打ちをかけるようにBillion Beats。

「70億から君に出会えたこの偶然は僕にとってきっと1番素敵な奇跡なんだよ」

わたしがこの曲でいちばん好きなフレーズです。彼らが超特急という道を選んで私がそれを知って好きになって、彼らが事務所に入ったのはただの偶然かもしれないしわたしが彼らを知ったのもただの偶然で、でもそれはわたしにとっては本当に奇跡のようなことでした。超特急の7人はわたしにとって本当に奇跡でした。


歌わないでほしい歌のひとつにYellも入っていました。あの優しい慈しむような歌声で歌うコーイチくんが本当に好きで、Yellはコーイチくんありきの歌でしょって思ってます。今も変わらずに。「100年後の今日もきっと同じ気持ち重ねてる」は永遠にコーイチくんのものです。タカシくんを下げるわけではないけどまだまだだなって思いました。(何様)


そして、まさかのHOPE STEP JUMPで号泣。

「夢は見るより掴み取れ」ってその夢は7人で掴むものだとそしてその瞬間を一緒にできると信じて疑ってなかった。すごく前向きな歌のはずなのに気づいたら前を向いていられないくらいに泣いてました。


あと忘れられないのはバッタマンかな。

コールが新しくなっていることは知っていたけどもちろん聞いたことはなくて、

きっとまだまだ戸惑っている8号車がいるんだろうなって思ってました。でもそんなのは間違いでみんなはっきりと「カーイ!リョウガタクヤ!ユーキ!ユースケ!タカシ!超特急!」って叫んでて、ああもう周りの8号車も前に進んでるんだって思って涙が出ました。


あとはもう思い出せなくて気づいたら公演が終わっていました。

公演が終わって1番に思ったことは

「もう超特急のライブには行かないな」ってことです。もちろん彼らのことを嫌いになった訳ではないです。でも自分自身が思った以上に超特急は6人ということを受け入れられていませんでした。というか、こんなに早く進んでいく彼らをもう見たくなかった。


今まで7人の超特急のライブはわたしを夢の国に連れて行ってくれるようでした。

でも、6人の超特急はわたしに嫌という程現実を叩きつけてきます。

わたしにはまだまだそれを受け止められません。


あとわたしは推し現場至上主義です。

正直、今さらこんなことを言うと負け惜しみみたいに聞こえるかもしれないけど

今の超特急に推しがいなくても現場に入ろうと思えるような魅力を感じませんでした。


わたしのなかで「超特急は7人」ということを

永遠のものにしてそれにそっと蓋をして

綺麗な思い出のままにしておきたい。


これを書きながら泣いていることも、彼らのことを考えては寂しい気持ちになるのも夢を叶えてほしいと願うのもこれも全部彼らが大好きだから。


大好きなままで素敵な思い出にさせてください。


本当にありがとう。超特急が彩りを与えてくれたあの時間は本当に本当に幸せでした。わたしの一生の宝物です。


ありがとう。だいすきです。



P.S.いつかまたあの7人で笑い合える日が来ますように。